ハンディキャップのあるお子さんやそのお母さん、お父さんを対象とした子育てサロンを開催中。またパワーストーンブレスレット作り「今」を一歩一歩進みながら生きているもりかずえのブログです*


by littleyell

娘のコト14

b0233858_22571617.jpg

2001年1月

意識がほぼ戻り
多分これがあやねの後遺症のあるがままの姿だと医師に告げられ数日。

初めてあやねと兄のしょうまを対面させることにしました。
入院病棟は子供の立ち入りは禁止。
なのでしょうまはしばらくかやの外になっていたのでした。

少しならあやねをロビーに出していいよと許可をいただき
しょうまと対面させました。
あやねの変わり果てた姿にきっとしょうまはびっくりだったことでしょう。
この間まで二人で自転車に乗ってたのに、今のあやねは首すら座ってなくくたくたの人形みたいな状態。おまけに目線も横に固まったまま動きませんでした。

でも、あやねはしょうまに会うとハッキリとしゃべったのです!

「…しょうまぁ…」
そう言ったのです。
病気になる前と同じく呼び捨てでした…
しょうまもあやねと手の平を合わせて
何か交信しているようでした。
そしてその日からしょうまは誰に何を言われても「あやねは治るよ」と。
しょうまもあやねの奇跡を確信したのだと思います。

あやね 3歳10ヶ月
今までできていたことが なんにもできなくなってしまいました…
でも 懸命に 生きていました

がんばりぬきました

そんなかんばりやの あやねの願いは
必ず 叶うと
私たちは信じています
(画像は入院中外出許可をいただけて初めて一時帰宅したときのもの)

以上急性脳症 急性期のあやねの記録でした

また機会がありましたら続きを書きたいと思います。
なぜだかここまでは今年中に書いておきたくてバババーッと更新しました。

もうすぐ2011年も終わりですねF399.gif
このブログに遊びに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

どうかこのブログがいつか必要なご縁を引き寄せることができますように

私と同じような思いを今現在経験している方の参考や励みになりますように…

ハンディキャップのあるお子さん
そして子育て奮闘中のママさんに

心よりのエールを贈りますF7B2.gif

ありがとうございました

2011.12.31


little yell
かえ♪
[PR]
by littleyell | 2011-12-31 22:57